- 頭痛と首こり

頭痛と首こり

頭痛に悩まされている方には、同時に辛い首こりも発症していることが多いです。それは、首こりによって、頭痛が起きている可能性が高いからです。この場合の頭痛は、片頭痛であり、首こりによる血流の悪化や、神経の圧迫によって引き起こされています。

筋肉には、ポンプ作用という仕組みがあります。筋肉が伸びたり、縮んだりする動作を繰り返すことで、血液が体中に流れていきます。疲労の蓄積などで、筋肉内に発生した老廃物(痛みの原因となる物質)は、このポンプ作用により、筋肉の外に押し出され、消え去ります。

しかし、この筋肉のポンプ作用が低下すると、筋肉内に老廃物が蓄積され、コリや痛みの原因となるのです。筋肉のポンプ作用が低下する要因は、筋肉が動いていない状態を続けるからです。

例えば、デスクワークの方は、一日中、パソコンに向き合い、長時間同じ姿勢を続けてしまいます。

その他にも、下を向いて作業することが多い方や、近年では、スマホ普及に伴い、ネットサーフィン(興味の赴くままにネット検索を続けてしまうこと)や、スマホゲームなどを長時間続ける人が増えています。同じ姿勢を続けることで、筋肉のポンプ作用が低下し、老廃物が蓄積されて、コリや痛みが発生してしまうのです。

その結果、首のこりにより、脳への血行不良が生じて、片頭痛が起こるのです。また、同じ姿勢を長時間続けると、筋肉も縮んだ状態で硬くなってしまい、筋肉の緊張が起こります。この筋肉の緊張により、神経を圧迫してしまい片頭痛が起こる場合もあります。

首こりの場合、特に耳の後ろ(首のつけ根)にこりができ、この周辺の筋肉も緊張していますが、同時に頭にかけての筋肉も緊張します。これにより起こる頭痛が、緊張型頭痛です。後頭部の筋肉の緊張により、頭が締め付けられたり、血液の流れが悪くなることで、頭に痛みが生じるのです。

施術方法

血行不良や、筋肉の緊張が原因なら、温めたり、マッサージでゆるめたら改善されるのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、それだけでは、根本的な改善にはなりません。それは、頭痛や首こりの原因も、根本は体の歪みにあるからです。

筋肉の緊張は、長時間同じ姿勢を取ることなどで起きますが、それは、無理な姿勢を続けたことで、体の骨格に歪みが生じてしまい、縮んだ筋肉が元に戻らなくなっているからでもあるのです。マッサージを受けたあとは、痛みも和らぎ楽になるけど、翌日には元に戻っているという経験をされた人も多いのではないでしょうか。

体の歪み・骨のズレを矯正し、縮んだ筋肉と引っ張られ続けている筋肉を、元の状態に戻すことが、まず根本です。この根本治療をせずに、いくらマッサージを受けても、一時的に筋肉がゆるむだけで、時間が経てば、すぐに硬い状態に戻ってしまうのです。それに、一度、硬くなってしまった筋肉は、そう簡単には、ゆるみません。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒800-0042
福岡県北九州市門司区上馬寄1-10-24 2F
マックスバリュさんのすぐ隣(敷地内ではありません)

最寄り駅

門司駅 車で約7分 徒歩約25分

最寄りのバス停

上馬寄(49番 愛の家行きのバス)門司駅から約15分おきに発車しています。

駐車場

場所がわかりにくいので、一度お電話でご確認ください。

休診日

水曜・祝日

※毎週、土曜日曜のどちらかが休診となります。
休診日情報は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。