- 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、お尻から足にかけて伸びている坐骨神経が、さまざまな原因で圧迫や刺激を受けて、痛み、痺れなどの症状がでることをいいます。

坐骨神経痛は、症状の名称であり、病名ではありません。主に、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の症状として、坐骨神経痛が発症されます。

背骨は、椎骨という骨が24個、重なって構成されていますが、その椎骨と椎骨の間には、椎間板が入っています。

この椎間板の中にある、髄核という組織の一部が飛び出た状態を、椎間ヘルニアといいます。この飛び出た髄核が、神経を圧迫して、腰や下半身に、痛みや痺れが出ます。この症状を、坐骨神経痛といいます。

また、背骨の中には脊柱管と呼ばれる空間があり、その脊柱管の中を、脊髄神経が通っています。

脊柱管がさまざまな原因で狭くなり、その中を通る脊髄神経を圧迫した状態を、腰部脊柱管狭窄症といいます。脊柱管狭窄症により、神経が圧迫され、腰や下半身に痛みや痺れが出る症状も、坐骨神経痛といいます。

もう一つ、筋肉が原因で坐骨神経痛が起こる場合があります。坐骨神経は、人体の中で最も大きな神経で、お尻の筋肉の一部である、梨状筋という筋肉の下を通り、足にかけて伸びています。この梨状筋が、さまざまな要因で硬くなってしまうと、坐骨神経を圧迫して、お尻や下半身に痛みや痺れが出ます。これを、梨状筋症候群といい、坐骨神経痛の症状がでます。

このように、坐骨神経痛は症状の名称であり、原因は別にあります。腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群の3つが、坐骨神経痛の主な原因となります。まずは、坐骨神経痛が発症している、原因を突き止めることが大事になります。

整形外科や病院で、MRI検査を受ければ、判別が難しい場合もありますが、ほぼ確定できると思います。


当院の判別方法は、発症した年齢や、痛みが強まる動作(関節の動き)などで、確認していきます。腰椎椎間板ヘルニアは若い世代に、腰部脊柱管狭窄症は、高齢者に発症する場合が多いです。椎間板ヘルニアの方は、腰を前屈させると痛みが強まり、脊柱管狭窄症の方は、腰を後屈(後ろに反らす)すると、痛みが強まります。

ヘルニアの場合、安静にしていても痛みが出ることがありますが、脊柱管狭窄症は、痛みが出ても、しばらく安静にすると、症状が治まります。

梨状筋症候群は、お尻の筋肉による神経圧迫が原因なので、椅子に長時間座っていると、圧迫が強まり、症状が現れやすくなります。

梨状筋は、股関節を外旋(太ももを外側に捻る)させるための筋肉です。いわゆる「がに股」の動きです。ですから、普段「がに股」で歩いている方は、梨状筋の緊張(硬さ)が強く、梨状筋症候群になる可能性が高くなります。

施術方法

坐骨神経痛の原因により、多少、施術方法は変わりますが、基本は背骨の歪みの矯正から始めます。椎間板ヘルニアはもちろんのこと、脊柱管狭窄症も、歪みを整えて筋肉の緊張(硬さ)を取り、腰への負担を軽くしていくことが大切です。

※椎間板ヘルニアの詳しい施術については、腰椎ヘルニアのページをご覧ください。

梨状筋症候群が原因の場合も、同様に矯正治療から始めます。歪みにより体のバランスが崩れてしまうと、重心が左右どちらかに傾きます。その影響で、梨状筋も含め、あらゆる筋肉の緊張が強まるのです。ですから、まずは重心を真っ直ぐに戻すことが大切です。

その上で、梨状筋症候群は、ストレッチが効果的な治療法になります。自宅で、簡単にできるストレッチ方法も教えますので、実践してみてください。当院での治療と、自宅でのストレッチを続けていけば、次第に症状は落ち着いてきます。


当院は、頭痛治療に特化した整体院ですが、それ以外の症状も、改善実績が多くあります。それは、体の歪みを整えることが、いかに大事なのかを物語っています。他では決して受けることができない、唯一の矯正法を試してみませんか?

あなたの坐骨神経痛も、きっと改善されます。根本治療を受けて、健康な体に変わりたい方は、オンリー1整骨院・整体院にご相談ください。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒800-0042
福岡県北九州市門司区上馬寄1-10-24 2F
マックスバリュさんのすぐ隣(敷地内ではありません)

最寄り駅

門司駅 車で約7分 徒歩約25分

最寄りのバス停

上馬寄(49番 愛の家行きのバス)門司駅から約15分おきに発車しています。

駐車場

場所がわかりにくいので、一度お電話でご確認ください。

休診日

水曜・祝日

※毎週、土曜日曜のどちらかが休診となります。
休診日情報は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。