- 腰椎ヘルニア

腰椎ヘルニア

あなたは、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 耐え難い痛みが続き、日常生活に支障をきたす
  • ギックリ腰を繰り返している
  • 前かがみ姿勢になるのが怖い
  • 足も引きずるようになり、歩行も困難になっている
  • ブロック注射で様子をみているが、手術は避けたい
  • 仕事を続けていけるのか不安

椎間板ヘルニアの痛みは、経験した人にしかわからない辛さがあります。私も、経験者です。

「ズキッ!」と刺すような鋭い痛みを繰り返し、ちょっとした動作も怖くて、ビクビクしながら生活していました。仕事中も、耐え難い痛みが続き、辛くて堪りませんでした。私と同じように、苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニアの発症のしくみ

背骨には、首から腰まで24個の椎骨という骨が重なっています。その椎骨と椎骨の間には、クッション性の役割を果たす椎間板が入っています。この椎間板の中にある、髄核(ずいかく)という組織の一部が飛び出した状態を、椎間板ヘルニアといいます。

この椎間板ヘルニアが腰椎で起こり、飛び出した髄核が、神経を圧迫して、腰や脚に痛みや痺れが出ます。この症状を、坐骨神経痛といいます。つまり、坐骨神経痛は病名ではなく、椎間板ヘルニアの症状の一つなのです。痛み、痺れ以外に筋力低下の症状も現れますので、つま先立ちが出来なくなったり、足に力が入りづらくなったりもします。

飛び出たヘルニア(髄核)の状態により、痛みの程度が変わります。大きく飛び出た状態では、神経を強く圧迫するので、痛みも強く、症状も長時間続きます。少し飛び出た状態では、常に神経を圧迫するわけではなく、腰を曲げたときなどに、圧迫されて痛みが出ます。

腰を曲げる(前傾姿勢)と、神経が圧迫されやすいので、椎間板ヘルニアの方は、前傾姿勢で痛みが増します。逆に、前傾姿勢は何ともなく、腰を後ろに反らすと、腰や脚に痛みが出る場合は、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の疑いがあります。脊柱管狭窄症の、主な症状も坐骨神経痛ですので、判別が必要です。

原因

腰椎椎間板ヘルニアは、姿勢や動作が大きな要因となります。椎間板は、立ったり座ったり、前傾姿勢になる動作だけでも、負荷がかかってしまいます。

日常生活で、このような動作を繰り返していくことで、椎間板が変性(性質が変わる)していきます。これにより、ヘルニアへと発展していくのです。ですから、加齢に伴いヘルニアになる可能性も高まります。

通常の生活でも、椎間板には負荷がかかりますが、激しい運動や、中腰(前傾姿勢)で作業をおこなう仕事、重量物を何度も持ち上げる仕事などを続ければ、より負荷がかかり、ヘルニアを発症する可能性が高まります。背中を丸めた姿勢(猫背)のように、普段の姿勢が悪いのも発症の要因となります。

手術を受けても再発するのはなぜ!?

ヘルニアの手術を受けても、再発するケースがありますが、それは、姿勢や動作がヘルニアの大きな要因になっているからです。

例えば、重労働のお仕事で、その仕事内容が、ヘルニアの要因になっていた場合、仕事内容が変わらない限り、ヘルニアを再発する可能性は、とても高くなります。

ヘルニアの診断を受けた後、しばらく仕事を休むと、症状が落ち着くのは、原因となる姿勢や動作を辞め、椎間板への負担が減ったからです。椎間板ヘルニアは、一度発症すると、ずっと続くと思われがちですが、椎間板への負担が無くなれば、ヘルニアも自然と消えていきます。

整形外科や病院で、ブロック注射や薬で対処している方もいますが、痛みを一時的に抑えているだけですから、無理して仕事を続けると、症状は悪化する一方です。

仕事を辞めることは出来ないと思いますので、しばらくお休みさせていただくか、部署を異動して、仕事内容を変えるなど、対策を考える必要があると思います。なんといっても、自分の体が大切ですから、健康を一番に考えてはいかがでしょうか。

施術方法

椎間板ヘルニアも、慢性腰痛と同じで、背骨の歪みを矯正します。ただし、痛みや痺れなど、坐骨神経痛がひどい状態では、悪化する可能性があるので、腰の矯正は避けます。他の背骨を矯正し、筋肉の緊張(硬さ)を取り、腰の椎間板への負担を、取り除いていきます。

すぐに、効果は現れませんが、この施術を続けていけば、痛み、痺れの症状は軽くなっていきます。軽減が見られれば、腰の矯正もおこなっていきます。すると、更に症状は軽くなっていき、改善へと向かっていきます。

また、矯正治療以外に、腰痛との関連が高い腸腰筋(ちょうようきん)などの筋肉を、ゆるめる施術をしていきます。この腸腰筋をゆるめることは、ヘルニアなど、腰痛治療をする上でとても重要です。また、お尻の筋肉や、太ももの筋肉、お腹の筋肉なども、ゆるめていきます。この施術は、強い痛みを伴いますが、即効性も高く、施術後はとても楽になります。

痛み・痺れが脚全体に出ている場合は、症状が重いので、改善までに時間もかかります。しかし、上記の施術を続けていけば、回を重ねるごとに、変化が現れます。例えば、痛み止めの薬や、坐薬を使用している方は、服用する頻度が減っていきます。

痛み・痺れの範囲も、狭くなっていき、痛みの質も軽くなっていきます。早ければ、1ヶ月ほどで、ヘルニア・坐骨神経痛の症状は無くなります。


当院は、頭痛治療に特化した整体院ですが、それ以外の症状も、改善実績が多くあります。それは、体の歪みを整えることが、いかに大事なのかを物語っています。他では決して受けることができない、唯一の矯正法を試してみませんか?

あなたのヘルニアも、きっと改善されます。根本治療を受けて、健康な体に変わりたい方は、オンリー1整骨院・整体院にご相談ください。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒800-0042
福岡県北九州市門司区上馬寄1-10-24 2F
マックスバリュさんのすぐ隣(敷地内ではありません)

最寄り駅

門司駅 車で約7分 徒歩約25分

最寄りのバス停

上馬寄(49番 愛の家行きのバス)門司駅から約15分おきに発車しています。

駐車場

場所がわかりにくいので、一度お電話でご確認ください。

休診日

水曜・祝日

※毎週、土曜日曜のどちらかが休診となります。
休診日情報は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。