- 足のしびれ・脚のしびれ

足のしびれ・脚のしびれ

あなたは、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 常に足に痺れがあり、気持ちが悪く憂うつ
  • 座っていると、段々と痺れが増してくる
  • 歩行も困難になってきた
  • 夜もグッスリ眠れない
  • どこに行っても改善されず困っている
  • レントゲン・MRI・CTなど異常なし

正座をしたあと、足が痺れる経験は誰もがしたことがあると思います。その時ほど、強い痺れが出ることはありませんが、痺れがずっと続くのは、不快に感じます。手のしびれと同様で、足が痺れる原因も数多くあります。

腰椎ヘルニア(坐骨神経痛)、腰部脊柱管狭窄症、足根管症候群、梨状筋症候群、血行障害、脳梗塞、糖尿病、閉塞性動脈硬化症などが考えられます。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨には、首から腰まで24個の椎骨という骨が重なっています。その椎骨と椎骨の間には、クッション性の役割を果たす椎間板が入っています。

この椎間板の中にある、髄核(ずいかく)という組織の一部が飛び出た状態を、椎間板ヘルニアといいます。

腰椎ヘルニアになると、飛び出た髄核が神経を圧迫し、坐骨神経痛が発症します。お尻や足にかけて痛み・痺れ・筋力低下などの症状が出てきます。梨状筋症候群の症状は、坐骨神経痛と同様です。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

背骨の中には、脊柱管と呼ばれるとトンネルのような空間があり、その中を脊髄神経が通っています。

加齢に伴う影響で、 背骨(椎骨)の変形や、椎間板(クッション性の役割をもつ軟骨)の変性、または靭帯が肥大(太くなる)することで、脊髄神経が圧迫され、痛みや痺れの症状が起こることを、腰部脊柱管狭窄といいます。

足根管症候群(そっこんかんしょうこうぐん)

足の内くるぶしの後ろに、足根管と呼ばれるトンネルのような空間があり、その中を筋肉や神経が通っています。このトンネル(足根管)が、何かしらの影響で狭くなり、神経が圧迫されて足裏に痺れや痛みなどが起こることを、足根管症候群といいます。

足(脚)のしびれ症例

当院では、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、血行障害による痺れ症状の症例実績がございます。痺れの症状は、放っておけば酷くなるだけです。神経や血行障害の治療は、早いに越したことはありません。

脳の病気や糖尿病など、内臓系が原因の場合は、もちろん病院でしか治療ができません。

その他で、骨格の歪みや筋肉の影響による、足のしびれ症状でしたら、当院で改善できます。腰椎ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症も、姿勢の悪さなどが影響して、ストレートネックや猫背になっていることが、大きな原因でもあります。

足(脚)のしびれでお困りの方は、オンリー1整骨院・整体院にご相談ください。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒800-0042
福岡県北九州市門司区上馬寄1-10-24 2F
マックスバリュさんのすぐ隣(敷地内ではありません)

最寄り駅

門司駅 車で約7分 徒歩約25分

最寄りのバス停

上馬寄(49番 愛の家行きのバス)門司駅から約15分おきに発車しています。

駐車場

場所がわかりにくいので、一度お電話でご確認ください。

休診日

水曜・祝日

※毎週、土曜日曜のどちらかが休診となります。
休診日情報は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。