- Blog記事一覧 -五十肩で手術しなくて良かった~

五十肩で手術しなくて良かった~

2018.06.28 | Category: 五十肩について,五十肩 症例

五十肩で手術は必要?


皆さん、こんにちは。

北九州市門司区のオンリー1整骨院・整体院の中島です。

当院に、五十肩で通われていた患者様に「手術を受けなくて本当に良かったです」と、ホッとした表情で言われました。

なぜ、この患者様がホッとされたのでしょうか?

それは、どうしても手術を受けたくなかったからです。でも、整形外科の医師からは、ずっと手術を勧められていました。

手術を受けずに改善できるところはないかと探され、当院に来られました。

そして、日常生活に支障のない程度まで改善されました。それで、ホッとされたのです。

今回は、この患者様の症例を通じて、五十肩についてお話をしていきます。

 

もう手術は受けたくない


この患者様は、60代女性です。まだ、バリバリ働いています。数年前に、右肩の五十肩になり、手術を受けられました。

その後、症状が落ち着いた頃に、次は左肩の五十肩になってしまったのです。不運に思えますが、五十肩になると、もう片方も五十肩になる確率は高くなります。

右肩の五十肩の時は、手術を受けましたが、それを後悔されていました。それは、手術を受けると入院も必要で、術後も長期間のリハビリが続きました。仕事に復帰するまでにも時間がかかり、支障をきたしました。

手術を受ければ、早期に改善すると思っていたのですが、意外とそうでは無かったのです。

今回、左肩の五十肩になり、整形外科では同様に手術を勧められました。「もう手術は受けたくない」と断り、手術を受けずに改善できるところはないかと探されて、当院に来られました。

左肩の五十肩になって、4ヶ月後のことでした。症状としては、

・洋服の袖に腕を通す時が痛くて辛い

・夜もうずいて、眠れない。または目が覚める

・手を後ろに回して、エプロンの紐が結べない

・腕にしびれ感と、だるさがある

などです。まさに五十肩の症状です。五十肩について、もっと詳しくお話します。

 

五十肩とは


五十肩は痛みも強く、思うように動かせないので、日常生活に大きな支障をきたします。また、原因もなく突然発症して、完治までの期間も平均で1年も要する、厄介な疾患です。

一般的に五十肩と呼ばれるものは、50歳~60歳代に発症することが多く、原因もハッキリせず、肩関節の痛みと運動制限されるものを言います。

五十肩は、正式な病名ではなく、50代に多いことから五十肩と呼ばれ、40代で発症すると四十肩と呼ばれているだけです。正式には、肩関節周囲炎と言います。

症状は、急速に現れる場合や、徐々に現れる場合もあり、日常生活では髪を結ぶ、エプロンの紐を結ぶ、洗濯物を干すなどの動作が困難になってきます。

発症後、2ヶ月間が最も痛みが強く、肩から腕にかけて、昼夜関係なく、長時間続くことがあります。

この時期に、一番悩まされるのが夜間痛です。就寝時にも痛みが続き、眠れないこともあり、また、寝返りを打つと激痛で目が覚めるなど、睡眠が障害されます。

これ以外に、肩関節の運動制限があるため、服の袖に腕を通したり、脱ぐ動作も困難になります。

3ヶ月を過ぎた頃から、痛みは少しだけ落ち着いてきますが、運動制限に変化は現れません。無理に動かせば、強い痛みを発します。

痛みの程度には、個人差があり、強い痛みが半年、1年と続く場合もあります。1年も経過すれば、痛みも落ち着き、肩関節の可動域も元通りに動かせるようになります。

 

五十肩は治療を受けなくても、いつかは治る!?


私の経験上、治るまでの期間は、早い方で半年間、遅い方ですと2年間もかかります。

五十肩に関しては、治療を受けても、激的に早く治ることはありません。また、放っておいても、いつかは自然と治ります。

では、治療を受けなくてもいいのかというと、そうではありません。治療を受けることで、痛みを早めに落ち着かせることが出来ます。

また、肩関節の可動域も早期に広げていくことも可能です。可動域が広がれば、その分、痛みが出る頻度も下げることが出来るのです。

今回の患者様は、当院に通われて6ヶ月になりますが、5ヶ月目から大きく変化が現れました。

うずきも無くなり、眠れない、目が覚めることも無くなりました。可動域も広がり、エプロンの紐も無理なく結べるようになりました。

 

手術と矯正治療、どちらを選びますか?

五十肩で、手術を受ける方は多くはありませんが、整形外科の先生に勧められる場合があります。しかし、手術が本当に必要なのかは不明です。

当院に来られた患者様のように、手術を受けると入院も必要で、術後も長期間のリハビリが続きます。仕事に復帰するまでに時間もかかり、支障をきたしていました。

左肩の五十肩で、当院に来院され、通院6ヶ月(14回の治療)で痛みも落ち着き、可動域も広がり、日常生活には問題のない程度まで、改善されました。この通院期間中、仕事も続けています。

この結果だけを比較すると、この患者様は、手術を受けなくて良かったと感じます。

この患者様の「手術を受けなくて本当に良かったです」との言葉に、実は、私自身もホッとしました。

正直、五十肩では当院の矯正治療でも、そこまでの即効性を発揮できません。

5ヶ月目の大きな変化が現れるまでは、良い日があったり悪い日があったりの繰り返しで、試行錯誤していました。焦りもありましたが、改善されて本当に良かったです。

この患者様は、治療期間は問題ではなく、手術を受けずに済んだことが、一番の希望であり、そのことを大変喜ばれていたので安心しました。

 

治療技術は日々上達しています

当院が誇る矯正治療ですが、様々な症例に対応する中で、治療技術は確実に向上しています。

以前なら、改善できなかった症状でも、今なら自信を持って対応できる症例も増えました。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、何十年と続く腰痛や首・肩の痛みでも大丈夫です。

五十肩も、今後は、1ヶ月は無理だとしても、3ヶ月程度で改善させることができるように、治療技術を磨いていきたいと思います。

 

五十肩以外にも、頭痛、肩こり、腰痛などなど、お体の不調に悩まれている方。また体の歪みが気になっている方は、北九州市門司区のオンリー1整骨院・整体院にご相談ください。


北九州市門司区オンリー1整骨院・整体院(頭痛・肩こり・腰痛)

〒800-0042福岡県北九州市門司区上馬寄1丁目10-24-2F

093-342-8262


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒800-0042
福岡県北九州市門司区上馬寄1-10-24 2F
マックスバリュさんのすぐ隣(敷地内ではありません)

最寄り駅

門司駅 車で約7分 徒歩約25分

最寄りのバス停

上馬寄(49番 愛の家行きのバス)門司駅から約15分おきに発車しています。

駐車場

場所がわかりにくいので、一度お電話でご確認ください。

休診日

水曜・祝日

※毎週、土曜日曜のどちらかが休診となります。
休診日情報は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。