- 股関節の痛み

股関節の痛み

あなたは、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 足の付け根が痛く、歩くのも苦痛
  • 体重をかけると痛むので、重たいものを持てない
  • 股関節を曲げると痛むので、ズボンや靴下が履きづらい
  • 階段の昇降が痛くて辛い
  • かばって歩くせいか、お尻や腰まで痛くなった
  • ヨガやストレッチ、スクワットができなくなった

股関節の痛みを抱える女性は、年齢とともに増加していきます。股関節の痛みが発生すると、立っていることも、歩くことにも支障をきたすので、日常生活に大きな影響が出てしまいます。

股関節が痛む原因は、数多くありますが、代表的なものは変形性股関節症です。

変形性股関節症

変形性股関節症は、生まれつき股関節の形成不全(異常)が原因で、女性に多い疾患になります。

形成不全は、関節がうまくハマっていないので、スムーズな動きができず、可動域も制限されます。

また、股関節の中には、骨同士が直接当たらないように、クッション性の役割を持つ関節軟骨が存在します。この関節軟骨が、スポーツや日常生活での動作を繰り返すことで、年齢とともに、すり減っていきます。すると、関節が変形してしまい、骨同士が直接ぶつかるようになり、痛みが発生します。

痛みは、股関節だけでなく、お尻や太もも、膝の上に出る場合もあります。運動したり、歩いても痛みを伴います。そして、痛みが増すと、股関節の可動域も制限されていきます。その他、筋萎縮(筋肉の減少)や筋力低下も現れる場合があります。

一度すり減ってしまった軟骨は、二度と再生されません。ですから、変形性股関節症になると、基本、治ることはありません。年月とともに悪化していきます。しかし、進行を遅らせたり、痛みを和らげることはできます。

施術方法

股関節への負担も大きな原因のひとつなので、まず、体の歪みを整えていきます。体の歪みにより、左右のバランスが崩れていると、股関節への負担も増えてしまいます。歪みを矯正して、左右バランスよく、体重が加わるように重心を整えていきます。

あとは、痛みの程度を確認しながら、筋トレや股関節のストレッチなどをおこなっていきます。これを続けていけば、徐々に可動域も広がり、痛みも和らいでいきます。そして、変形性股関節症の進行を遅らせ、予防にも繋がります。

明らかに、体重が大きな要因となっている場合は、積極的に減量することに努めてください。
体重のことは、整形外科(病院)でも、必ず指導されます。治療と合わせて、進めていくと効果的です。

当院では、変形性股関節症以外に、ヨガやストレッチで股関節を痛めた方、スクワットで股関節を痛めた方、子供を抱っこして体をユラユラした時に股関節を痛めた方などの症例実績がございます。

股関節の痛みでお困りの方は、オンリー1整骨院・整体院にご相談ください。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒800-0042
福岡県北九州市門司区上馬寄1-10-24 2F
マックスバリュさんのすぐ隣(敷地内ではありません)

最寄り駅

門司駅 車で約7分 徒歩約25分

最寄りのバス停

上馬寄(49番 愛の家行きのバス)門司駅から約15分おきに発車しています。

駐車場

場所がわかりにくいので、一度お電話でご確認ください。

休診日

水曜・祝日

※毎週、土曜日曜のどちらかが休診となります。
休診日情報は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。