- Blog記事一覧 -体の痛みについて

体の痛みについて

2018.07.06 | Category: 痛みの原因について,メンテナンスについて,体の機能について

体の痛みについて


腰痛・肩こり・頭痛など慢性痛にお困りの方。

痛い日と痛くない日がありませんか?

その違いを知っていますか?

こんにちは。

北九州市門司区のオンリー1整骨院整体院の中島です。

今日は、痛みについてお話をしていきます。

 

体に痛みがなくても状態は悪化している


先日、患者様から「やっぱり違う!スッキリしました」と、施術後に感慨深く言われました。

なぜ、このような言葉が出たかというと、久々の施術だったからです。

 

この患者様は、北九州市門司区在住の20代女性で、生後6ヶ月の子を持つ2児のママさんです。

産後の腰痛や肩こり、また猫背や反り腰などの姿勢を気にされて来院されていました。

いつもは、母親に子供を預け週に2回から3回来院されていましたが、諸事情で3週間来ることが出来ませんでした。

そして、久々にご来院頂き、施術を受けた後に言われたのが、「やっぱり違う!スッキリしました」でした。

 

同じのような言葉を、患者様に言われることは、よくあります。

定期的なメンテンスに来られる患者様は、特に感じることが多いようです。

メンテンス治療なので、最初に悩まれていた症状も改善された後です。

ですから、そこまで気になるところも無い状態なのですが、施術を受けると、やはり違いを感じるようです。

 

この体が感じる違いも、受けてこそ実感できるものです。

当たり前のお話ですが、この違いが実感できるからこそ、メンテンスの必要性を再確認できるのです。

症状も改善され痛みもない状態が続くと、悪いところもないしメンテンスを受ける必要性を感じなくなります。

でも、受けると体の変化・違いを実感するのです。それは、なぜだと思いますか?

 

それは、自分では気付かない程度に、少しずつ体が悪い状態に進んでいるからです。

 

人の体は、加齢と共に必ず退化していきます。

骨や軟骨、筋肉や靭帯なども年を重ねるごとに、どうしても弱っていきます。

悪い姿勢や動作が原因で、骨の歪み(ズレ)も起こりますし、筋肉も疲労が蓄積されていきます。

これらは、毎日少しずつ進むので、その変化に自分では気付かないものです。

でも、確実に体は悪い状態に進んでいます。

ですから、たまにメンテナンスを受けると、自分が思っていた以上に体が楽になったり、スッキリした感じを覚えます。

そして、意外に自分の体が悪くなっていたことに気付くのです。

 

では、なぜ体は悪い状態になっているのに痛みを感じないのでしょうか?

 

人には痛みを感じる閾値(限界値)がある!


痛みには「閾値」(いきち)というものが存在します。閾値をわかりやすい別の言葉で表すと限界値になります。

痛みを感じる限界値があるのです。その限界値を超えた時だけ、人は痛みを感じます。

例えば、図表で示す通り、健康で全く痛みのない状態を0だとします。

そして、痛みを感じる閾値(限界値)を10だと仮定します。

悪い状態に進むにあたって数字が上がり、10を超えた時点で痛みを感じるのです。

8や9でも悪い状態には進んでいますが、10を超えない限り痛みを感じないのです。

ですから、痛みを感じないから全く問題が無いわけではありません。

自覚症状として、痛みを感じる限界値を超えていないだけなのです。

 

この限界値は、人によって異なります。

痛みに敏感な人もいれば鈍感な人もいます。

また、体の場所によっても違いが現れます。

顔など叩かれると痛みに敏感ですが、肘や膝など、比較的、皮膚の分厚い場所は、痛みが鈍かったりします。

 

それとは別に、頭痛が一番気になる人、肩こりが一番気になる人、腰痛が一番気になる人など、人によって痛みの強い場所も異なります。

これは、頭の痛み・肩の痛み・腰の痛み、それぞれ別に閾値(限界値)が存在するからなのです。

 

人は、一番痛いところだけ自覚する


図表で示す通り、この場合だと頭痛が一番の自覚症状として現れます。

人は、痛みが一番強いものに意識がいきますので、それ以外の症状が、閾値(限界値)を超えていても気にならない場合があります。

しかし、頭痛治療を受けて、頭痛の数値が閾値よりも下がった場合、次は首の痛みが一番の自覚症状として現れます。

治療を受けていて、ひとつ治ったらまた次、それが治ったらまた次と、次々と新たな痛みが現れた経験者もいるのではないでしょうか。

それは、このような仕組みがあるからなのです。

 

日によって痛みが変わる


痛い日もあれば、それほど痛くない日など、日によって変化があるのは、体の状態の変動が大きい場合に起こります。

体の状態によって閾値を超える日、超えない日など、その境界での変動により違いが起こると考えられます。

症状が改善した後に、メンテナンスを受けるのは、この閾値を超えさせないためのものです。

 

加齢により骨や軟骨、筋肉や靭帯は退化していきますが、これは、しっかり運動したりストレッチしている方でも同じです。

ただ、運動や筋トレ、ストレッチをしていれば退化を遅らせることは出来ます。いわゆる予防です。

この予防に当たるのもメンテナンスです。

疲労が蓄積された筋肉を緩めたり、歪んだ(ズレた)骨を矯正して、体のケアを定期的に行えば、良い状態を長く維持することが出来ます。

 

あなたは、ご自分の体のケアを継続できますか?

軽い運動や筋トレ・ストレッチを継続していく自信はありますか?

もし、出来ないのであれば、月1回でも専門家に任せてみてはいかがですか?

 

ご自分の体の状態を、痛みだけを基準に判断していけません。

自覚症状が無い場合でも、体は悪い状態に進んでいます。

健康な体を維持するためにも、メンテナンスを受けることをおススメします。

 

頭痛、肩こり、腰痛などなど、お体の不調に悩まれている方。また体の歪みが気になっている方は、北九州市門司区のオンリー1整骨院・整体院にご相談ください。


北九州市門司区オンリー1整骨院・整体院(頭痛・肩こり・腰痛)

〒800-0042福岡県北九州市門司区上馬寄1丁目10-24-2F

093-342-8262


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒800-0042
福岡県北九州市門司区上馬寄1-10-24 2F
マックスバリュさんのすぐ隣(敷地内ではありません)

最寄り駅

門司駅 車で約7分 徒歩約25分

最寄りのバス停

上馬寄(49番 愛の家行きのバス)門司駅から約15分おきに発車しています。

駐車場

場所がわかりにくいので、一度お電話でご確認ください。

休診日

水曜・祝日

※毎週、土曜日曜のどちらかが休診となります。
休診日情報は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。