- 膝の痛み

膝の痛み

あなたは、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 動き始めや歩行時に痛みが出る
  • 階段の昇降、特に降りる時が痛くて辛い
  • しゃがんだり、正座ができない
  • 夜間にうずいて、眠れなかったり目が覚める
  • 雨の日や、雨の前日に痛みが出やすい
  • 注射は痛いから、できるだけ避けたい
  • 手術を勧められている

膝の痛みを抱える女性は、年齢とともに増加していきます。膝が痛みだすと、立っていることも、歩くことにも支障をきたすので、日常生活に大きな影響が出てしまいます。

膝が痛む原因は、数多くありますが、代表的なものは変形性膝関節症です。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、50歳代に多く発症し、男女比は1:3で女性に多い疾患になります。変形性膝関節症になる方の85%以上が、内反変形、いわゆるO脚になっています。これは、膝周りの筋肉の低下が原因でもあります。

膝関節の中には、骨同士が直接当たらないように、クッション性の役割を持つ関節軟骨が存在します。この関節軟骨も、スポーツや日常生活での動作を繰り返すことで、年齢を重ねるごとに、すり減っていきます。

すると、関節が変形してしまい、骨同士が直接ぶつかるようになり、痛みが発生します。膝の内側や膝蓋骨下(いわゆる膝のお皿の下)に、痛みが出ることが多いです。

一度すり減ってしまった軟骨は、二度と再生されません。ですから、変形性膝関節症になると、基本、治ることはありません。放っておけば、年月とともに悪化していきます。しかし、進行を遅らせたり、痛みを和らげることはできます。

そもそも、女性に多いのは「なぜ」なんでしょう?

①筋肉の低下

男性に比べ、女性の筋肉量が元々少ないのです。それに加え、年齢とともに筋力が低下していきます。膝周りの筋肉が低下すると、筋肉の支えが減少するので、膝関節への負担が増加します。すると、関節軟骨のすり減りも早まり、変形性膝関節症になる可能性が高まります。

②体重の増加

出産などを機に、体重が増加する女性も多いですが、筋肉は低下していくのに、体重が増えていけば、もちろん関節への負担も増えます。体重が増えた分だけ、立ったり座ったり、階段の昇降の際に、膝への負担が増えるのです。

③O脚

日本人女性は、ほとんどがO脚だと言われています。遺伝的要因が大きいとされていますが、座り方、歩き方、姿勢の悪さも原因となります。O脚になると、膝関節への負担が増えるので、変形性膝関節症になる可能性も高くなります。

施術方法

膝関節への負担が大きな原因ですので、まず、体の歪みを整えていきます。体の歪みにより、左右のバランスが崩れていると、膝関節への負担も増えてしまいます。歪みを矯正して、左右バランスよく、体重が加わるように重心を整えていきます。

その上で、膝周りの筋肉をゆるめていきます。変形性膝関節症になると、関節も拘縮(固くなる)して、可動域が制限されます。また、痛みをかばうように歩くので、筋肉も緊張して硬くなっています。

すると、さらに関節の可動域が制限されてしまいます。そして、筋肉も硬いので、無理に関節を動かすと、筋肉自体が骨を引っ張り痛みが発生されるのです。

ですから、筋肉をゆるめるとことで、痛みも和らぎ、関節の可動域も広がります。可動域が広がれば、痛みが発生する頻度も下がっていくのです。

あとは、痛みの程度を確認しながら、大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)を中心に、筋力トレーニングや、膝関節のストレッチなどをおこなっていきます。これを続けていけば、痛みはかなり和らぎます。そして、変形性膝関節症の進行を遅らせ、予防にも繋がります。

明らかに、体重が大きな要因となっている場合は、積極的に減量することに努めてください。
体重のことは、整形外科(病院)でも、必ず指導されます。治療と合わせて、進めていくと効果的です。


当院では、変形性膝関節症以外に、半月板損傷の術後、痛みがなかなか取れなかった患者様や、10代に発生するオスグット・シュラッター病、ランナー膝、ジャンパー膝などの症例実績がございます。

膝の痛みでお困りの方は、オンリー1整骨院・整体院にご相談ください。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒800-0042
福岡県北九州市門司区上馬寄1-10-24 2F
マックスバリュさんのすぐ隣(敷地内ではありません)

最寄り駅

門司駅 車で約7分 徒歩約25分

最寄りのバス停

上馬寄(49番 愛の家行きのバス)門司駅から約15分おきに発車しています。

駐車場

場所がわかりにくいので、一度お電話でご確認ください。

休診日

水曜・祝日

※毎週、土曜日曜のどちらかが休診となります。
休診日情報は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。